投資のあり方を考える|シノケンハーモニーで人生の腕試しをしようじゃないか
マネー

投資のあり方を考える

男の人

システム知ろう

賃貸の不動産を経営する時には、さまざまな方法があります。自分で全てを行うオーナーもいますし、一部を外部委託するもの、全てを外部に任せることもあります。サブリースと言う方法は、不動産経営の中でも全て経営をプロに任せる手法となります。そのため不動産経営について全く知識がない人や、時間がなく経営ができないという人にも適した方法となっています。サブリースのメリットとしては、一定の家賃保証が受けられると言う点があります。例えばマンションの一室を購入した場合、その部屋が空室になると利益を得ることはできません。サブリースでは建物を全て不動産会社が一括して借り上げる方式を取っているため、一部の部屋が空室であってもある程度の利益がでます。

利益も考えよう

サブリースを利用する場合には、システムについての知識を持っていることが重要です。まずはどのようなシステムであるのかを知り、適切に利用できるようにしましょう。マンションオーナーになった場合、家賃は全て自分に入ってくると思いがちですがサブリースを使った時は、家賃として提示された100%の賃料が自分の手元に入ってくる訳ではありません。経営を任せている分の手数料などもありますし、満室になっていない場合は配当も少し少なくなります。そのようなことを念頭に置き、それでも利益が出るかどうかを考える必要があります。ですがサブリースを利用することにより、家賃の集金などに関するトラブルを自力で解決しなくても良いなど、メリットは多くあります。